Tel:
10時~18時
日曜、祝日
2018年01月18日
大好き三鷹、吉祥寺

手放すにはどうしたらいいのだろう

狭い日本なのに、人が集中する場所は決まっている

寄付したくてもできないのです

当社に年配の女性の方が相談にいらっしゃった

土地を処分したいのですが・・・

東北出身のお客様は、50年ほど前に友人に進められて地元に土地を購入。

でも、住み慣れた武蔵野市に住み続けれるつもりで、役場へ寄付をしたいとい申し出たけれど、役場も要りませんと言われ、家族もいないのでこの先どのようにしたら良いかと心配になれらたらしい。

地方でも道路や住宅、開発に必要な土地は買い上げたり、譲り受けたりするのだろうけれど、そのほかの土地は個人でどうにかしてもらうしかないのだろう

固定資産税は払い続けているけれど、年金生活ではやはり大変だ

お持ちの土地の近くの不動産屋さんにお願いして、一応引き受けて頂きましたが、

ちょっと難しいとの返事。

引き続き購入希望の人を探して頂くことになった

不動産を購入して自分が住むのが一番いいのだけど、人にはそれぞれ事情があるし・・

このような相談が各地、増え続けている

友人も田舎の山を相続したけれど、こればっかりはハイ要ります!と言う人も少ない

 

何かとストレスの多い都会の暮らしを避けて田舎暮らしは良さそうに見える。

生活習慣や考え方が柔軟に変えられる人はいいけれど、合わない人も多いらしい

 

相談者の方とは定期的に連絡を取って、まるで人生相談のようになっているが、

少しでもいい方向へいくといいと思います

 

三鷹の賃貸、不動産、アメリカンドリーム

 

 

arrow_upward