Tel:
10時~18時
日曜、祝日
2017年10月20日
大好き三鷹、吉祥寺

届かない場所 高松明日香展

10月22日(日)まで開催の「届かない場所」高松明日香展

三鷹駅南口のコラルの三鷹市美術ギャラリー

皆が知っている画家ではないけれど

見れば見るほど引きこまれる絵の数々はテーマごとに区切ってあります

何気ない日常の風景だけど届かない場所の意味とは・・

額縁の無いキャンバスに描かれた絵の数々はテーマごとに区切ってあります

「照応」「鳥を印象する」「昨日の事」などなど・・・

何気なく描いたような作品ですが、実はとてもうまい画家の気がする

 

心の中の思いや、実際の出来事など

普通は画家は何を意図して描いているのかなどの解説が絵の横などに書いてることも多いけれど、展覧会は題名だけの記述である

 

自分、自分の思いで絵を見るという事

三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
高松明日香展
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
青く光る
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
動き出す
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展
高松明日香展
三鷹市美術ギャラリーで開催されている高松明日香展

押しつけがましい絵ではなく

高松明日香は絵を見た人の受け取り方に任せているようです

中間色を基調とした、優しい絵は気持ちも優しくなります

 

27のテーマに分けられた絵は、5枚前後の絵で完結する

「弟のため池」というテーマには、弟の絵はないけれど、5つの絵には過去と現在の風景が描かれている、画家の故郷に対する気持ちがあるのだろう

ふと自分の故郷の風景を思い出してしまう

 

個人的にはとても幸せそうな雰囲気の「本日は快晴なり」というテーマが好きだった

サラリと描いているようで、実は上手なんだなぁと感じた

おとなしい画風の中に、メキシコの明るさが抑えた色調で描かれている

 

早く行ってみたいと思いつつ、最終週になったのですが、22日(日)まで開催です

是非、お出かけ下さい

 

PS.高松明日香展のギャラリーツアーのパンフレットをはじめに読むと説明などが書い てあり、よりわかりやすいです

 フラッシュを使用しない写真の撮影はOKです

 

三鷹の賃貸、不動産、アメリカンドリーム 

 

arrow_upward