Tel:
10時~18時
日曜、祝日
2017年09月25日
大好き三鷹、吉祥寺

木星をイメージした和菓子を食べる

秋の空は夕焼けが美しかったり、月が漂っている風景に癒されたり、

気候の良い時に、空を見上げてみませんか

 

三鷹の国立天文台は、世界最先端の観測施設を擁する日本の天文学のナショナルセンターです

三鷹南口商店街には、国立天文台の情報が学べる「天文・科学情報スペース」があります

その他三鷹市では、天文に関する様々なイベントが開かれています

 

まちなかサイエンスカフェは三鷹の井心亭

今回紹介するイベントはまちなかサイエンスカフェ。

9月30日(土)に行われるまちなかサイエンスカフェは「井心亭」で開催されます

井心亭で開かれるの?ととても驚きましたが・・

井心亭というのは純和風数奇屋造りの施設で、
水屋を持つ大広間と本格的な茶室の小間があり、とても宇宙とはかけ離れた感じがします

でも、当日は木星をイメージした和菓子を食べ、木星、土星ってどんな星かを勉強します

なんだか楽しそうですね

 

専門家の星の話は面白い

先日、NASAの方の話を聞くことがありました。

夜空を見ながら人工衛星は肉眼でも見えますよと言われ、驚きましたが、

2分後に見上げて下さいと言われて、見ると本当に小さいですが人工衛星が見えました。

宇宙にもあまり関心は無かったのですが、とても感動しました

 

今回は、総合研究大学院大学 / 国立天文台 理論研究部で、

星のソムリエみたかと言われる小林弘さんのお話です

開催は9月30日(土)14時30分から16時

申し込み順なので、お申し込みが必要となります

詳細はこちら

 

三鷹の賃貸、不動産、アメリカンドリーム

arrow_upward