Tel:
10時~18時
日曜、祝日

武蔵野八幡宮と安養寺、吉祥寺

吉祥寺には駅から徒歩8分ほどのところに武蔵野八幡宮があります

にぎやかな街並みから歩いて神社に入った途端、静かな空間が広がります

年末、年始には多くの人たちが年末年始のご挨拶に訪れます

武蔵野八幡宮の境内には「疱瘡」「須賀」「稲荷」「厳島」「大鳥」「出雲」「三島」の七社が祭られています

明暦の大火で小石川水道橋外吉祥寺は今の駒込に移り、火事で住居を無くした門前町の人々は移住を命じられて、この地に吉祥寺村を開村した際に武蔵野八幡宮を鎮守として信仰したといわれています

実は拝殿の右手前には、「疱瘡」「須賀」「稲荷」「厳島」「大鳥」「出雲」「三島」の七社が祭られている「境内社」があります

武蔵野八幡宮は「武運長久」「出世開運」「恋愛成就」「安産」「夫婦和合」「子育て」の他、境内社によって数多くの願いがかなえられそうですね

 

手水舎の横に「神田上水 井の頭弁財天 道標」があります

井之頭池は神田川の源流と言われています

この標識は井之頭池への道しるべなのでしょう

武蔵野八幡宮の横には安養寺、布袋様がいらっしゃいます

安養寺は「多摩新四国八十八ヶ所札所第一番」の霊場で、毎年春から夏にかけて大勢の巡礼者が訪ねます

安養寺に入ると最初に目に入るのはやはり布袋様,ご利益は無病息災や商売繁盛

にこやかな顔がいいですね

 

梵鐘(市有形文化財)は表面の刻銘や龍頭の二本の角などから江戸時代に作られたものとされています。

毎年大晦日には除夜の鐘をつく人で賑わうのですが、今年もコロナの影響で中止となります

除夜の鐘を打てるお寺は少ないので残念です

三鷹のアメリカンドリーム

arrow_upward