Tel:
10時~18時
日曜、祝日

むさしの市民平和月間2019

「むさしの市民平和月間」は、戦争のない平和な社会を実現するため、武蔵野市民が声をかけ合って取り組んでいる一斉行動です。

11月3日(日本国憲法公布の日)から11月24日(武蔵野市平和の日)を大まかな期間として、様々なグループ・個人による企画が予定されています

11月24日には「ピースウオーク」が開催されます。自由参加です

1944年11月24日は、中島飛行機武蔵野製作所(現在の武蔵野中央公園)が、首都圏で初めて本格的な爆撃を受けた日です。

このことから、武蔵野市は11月24日を「武蔵野市民平和の日」と定めています

 

11月24日は「ピースウオーク」の日

中央公園から武蔵境まで中島飛行機引き込み線徒歩が11時30分から開始されます

武蔵野中央公園東旧変電所跡に集合です

平和な未来に繋がる為には・・・考えるいい機会です

又、24日には武蔵境の武蔵野スイングホールで武蔵野市主催イベント「戦争も核のない平和な世界を武蔵野から」の講演会が開かれます

早乙女勝元さん(作家であり、東京大空襲戦災資料センター前館長)の「平和を探して生きる」の講演です

こちらは申し込みが必要で、現在は締め切っています

 

10月27日に「さよなら原発!三鷹アクション」から始まり、11月24日の講演まで様々なイベントが開かれました

この期間だけでなく、日々変化する世界情勢に関心を持つとともに、戦争のない平和な世界を実現するためにも、しっかりと考え、少しでも平和な未来に繋がるように向き合っていきたいのもです

 

三鷹のアメリカンドリーム

arrow_upward