Tel:
10時~18時
日曜、祝日

武蔵野の文化人たち

大正末年以来、武蔵野市に居住していた文化人は多くいます

どのような人がいたのか、どのような活動をしていたのか学んでみませんか

今回、画集風景版画「井の頭池」の織田一磨を研究

武蔵野市には野口雨情、野田九浦、亀井勝一郎、金子光晴、野田宇太郎など、多くの文化人たちが居住していました

今回その中で、画集風景版画「井之頭池」などを制作した版画家の織田一磨に焦点をあてて、その多彩な活動を追求します

織田一磨は明治15年に織田神徳の四男として東京府芝区に生まれました

昭和6年に吉祥寺に住まいを構え、風景を主に版画を極めた画家です

武蔵野の文化人たちの会場は武蔵境の「武蔵野プレイス」

9月14日(土) 14時~16時

武蔵境駅南口徒歩1分、武蔵野プレイス3階スペースC

講師は歴史資料室、室長の保坂一房さん

シニア世代の男女30名を対象としています

参加費は無料です

お申込みはボランティアセンター武蔵野まで

   TEL 0422-23-1170   メールvcm@shakyou.or.jp

 

三鷹のアメリカンドリーム

arrow_upward