Tel:
10時~18時
日曜、祝日

ラッキーな今の時期に見るべきもの「ウィーンモダン展」

何がラッキーって、現在ウィーン・ミュージアム改築工事により、所蔵品が日本に来ています。

展覧会はかなりの数で、見ごたえ十分です

このような機会も少ないので、是非おすすめです

場所は六本木の国立新美術館。ここから徒歩で10分です

絵画には興味がない人でも、今回は衣装や家具もあります「ウィーンモダン展」

19世紀末から20世紀初頭にかけてのウィーンの絵画は伝統的な美しい絵画から、ポスターなどの近代的な絵画へと移行します

音楽室で見かけるシューベルトの肖像画や、本人が使った眼鏡も展示されていますよ

その時々に活躍した多くの画家の様々な作品は、年齢や作品の興味に関わらず、楽しめます

 

最近は1作品だけ、カメラの撮影が可能な場合があるので、カメラや携帯は忘れなく!

今回は目玉のクリムトの「エミーリエ・フレーゲの肖像」が撮影可能です

 

私はあまり見ることのない「エゴン・シーレ」を楽しみに行きました

28歳の早さでなくなった画家ですが、いい作品を多く残しています

文化服装学院とのコラボの作品も展示されています「ウイーンモダン展」

また、文化服装学院とのコラボレーションが実現し、《エミーリエ・フレーゲの肖像》に描かれた青のドレスを再現されました

とても素敵な作品になっています

「ウイーンモダン展」の詳細はこちら

作品がかなり多いので、ゆっくり時間をかけてみるのがお勧めです

上野の「クリムト展」のブログはこちら

クリムトに強い興味はなかったのですが、観る度にクリムトの絵の上手さや表現方法にのめり込みます

美術館は涼しいので、暑い夏にはゆっくりと時間を過ごすのには良いですね

さあ、夏休みこどもたんけんツアー、国立新美術館に参加しよう

8月8日、9日にこどもたんけんツアーが3回、国立新美術館で開催されます

美術館のバックヤードや、国立新美術館の建物についての説明はたのしそうですよ

屋上に上ったりなど楽しいイベントで、私も参加したのですが小学校3年生から6年生の限定です

国立新美術館のホームページからの応募が必要です7月10日から17日までに応募して下さい

 

三鷹のアメリカンドリーム

arrow_upward