Tel:
10時~18時
日曜、祝日

三鷹市、認知症を正しく理解し、認知症サポーターになろう!

三鷹市では市では、認知症になっても安心して暮らせる地域をつくるために、「認知症にやさしいまち三鷹」の取り組みを推進しています。

認知症の症状がある家族をお持ちの方、これからの時代に備えたいと思っている方

気軽に参加しませんか

認知症サポーターとは暖かく見守る応援者の事です

認知症サポーターとは
 何か“特別なこと”を行う人ではありません。認知症について正しく理解し、偏見を持たず、自分のできる範囲で認知症の方やそのご家族を温かく見守る応援者のことです。

認知症サポーター養成講座
 認知症の方やそのご家族が住み慣れた地域で生活し続けるためのサポートや、認知症の早期発見・早期対応に必要な認知症の正しい理解や認知症の方への接し方などを身に付ける講座です。
 受講者には認知症サポーターの証しとしてオレンジリング(写真)を差し上げます。
※三鷹市認知症サポーター養成数 9,100人(平成30年度末現在)。

認知症サポーター講座の案内とお申し込み方法、三鷹市

講座を受けるには
1 出前講座
 10人程度の市内のグループ、団体、企業などを対象に、講師がご希望の場所に伺い、1~2時間程度の講義を行います。
[申]同課TEL内線2622へ

2 地域での講座
 市民のみなさんに気軽に受講してもらえるよう、市内のコミュニティセンターで開催を予定しています。詳細は決まり次第、『広報みたか』などでお知らせします。

◇開催予定の講座
[主]西部地区住民協議会・西部地域包括支援センター
[日]6月4日(火)午前10時30分~正午 
[人]50人程度
[所]井口コミュニティセンター
[物]筆記用具
[申]当日会場へ(先着制)
[問]井口コミュニティセンターTEL32-7141

三鷹のアメリカンドリーム

arrow_upward